FC2ブログ

ぷりみてぃぶろぐ

3Dイリュ毛の改造記事と、個人的な記録。

交流戦 ホームで1勝 オリックス

なぜなのか

前回は敗因についてネガティブな勘繰りをしてしまったが、久しぶりに勝ったことだしオリックスの特殊な傾向の勝因についても書いてみる
注目度の高い本拠地でなぜか弱いオリックス、裏を返せば、不利なはずの交流戦ビジターゲームで勝っているということである
なぜ、DH(指名打者)制度ありのパ・リーグ球団であるオリックスがDHなしルールで戦い駒不足になるセ・リーグ本拠地のビジターゲームで勝てるのか?
・DHがないと投手交代のタイミングや代打や打順の組み方が難しい→SB工藤監督采配ミスでリリーフ回跨ぎのサファテを打席に立たせる
・DHで使えた野手が消え、不慣れな打席で投手が打線を切る悪循環
西武やロッテのように怪我や守備の事情でDHに主砲を置くチームはDHなしで大幅に戦力ダウンするのが自然
なのになぜ?

主砲扱いされる投手たち

ピッチャーは野手よりも打撃練習に割ける時間がなく、DHなしの場合もせいぜい送りバント要員、肩が冷えたり走らされるなどの理由でうっかり出塁するのも歓迎されないことすらある
だが、ピッチャーが打者の場合は内角に厳しい攻めをしない暗黙のルールや、明らかに打たない雰囲気の打者相手で抑えるのが当然となれば却って緊張することもあり、実際の打力以上にピッチャー打者の打率がいい場合がある
バント練習が多いため野手よりもピッチャーのバントがうまいことも多い(犠打成功で打席カウントが減り打率向上につながる)
このため、貧打のチームにあってはピッチャーが最も打率のよいこともままあり(貧打を揶揄する意味も込めて)ピッチャーが主砲呼ばわりされることがある
また、援護点の少ないチームでピッチャー自身が打点をあげて自己の勝利に貢献することを自援護と呼び、川上憲伸や前田健太のように自身の打点のみで勝利する事実上の主砲も存在した
二刀流・大谷翔平もまた今シーズンは久しぶりにDH放棄で打席に立ち先発投手兼打線の要となっている
つまり貧打のチームにあっては特に、ピッチャー自身の打撃成績が勝負を左右するのがDHなしというルールということになる

代打ナカジ(マ)、凡退!

オリックス3試合連続被完封、4試合で1得点など煽られたが、DHありのVS横浜3連戦ですら1得点のチームは貧打といわれるに十分だろう
そこで奮起したのがオリックス投手陣である
昨日の先発ピッチャー松葉に至っては甲子園で2打数2安打の好成績!(代打を出され降板…)ディクソンも神宮で打点を挙げている
余所のパ・リーグ球団ではピッチャーの打席が犠打さえも全く期待できず打線の穴になっていることを考えると、これは大きなアドバンテージといえる
そして何より、全く期待していなかったピッチャーが打つことでベンチの雰囲気も明るくなる!福良監督も笑顔で拍手してました♪
交流戦のビジターゲーム(セ・リーグ本拠地)というごく短期間で発揮された才能だが、日本シリーズでも役立つはず!
あとは本拠地京セラドームで勝つだけだ!!頑張れバファローズ!

ぺ氏へ
コメントありがとう(v^-゚)レールガンといえばこれすき
【鉄道MAD】とある三岐の超狭軌線S【とある科学の超電磁砲S×北勢線】
http://nico.ms/sm20873996 #nicovideo
コミック原作は序盤の熱血展開が好き(連載中)3期あるのかな?
  1. 2016/06/16(木) 18:20:19|
  2. やきう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ganou.blog.fc2.com/tb.php/222-91de701a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)